消費者金融の「おまとめローン」とは?

最近、よく目にする「おまとめローン」とは何のことでしょうか?複数の消費者金融から借り入れがある方が、一ヶ所にまとめて効率良く返済していくことでしょうか?多重債務に苦しんでいる方は、返済しても返済しても完済というゴールが見えず、辛い状況になっていると思います。一日でも早く完済して、自分のお金を自分のために使えるようになりたいですね!そのような方のために、おすすめの「おまとめローン」についてご紹介します。完済という希望の光を見つけてください!多くの方を救ってきた、大手消費者金融の「おまとめローン」についてご紹介します。

アコムの「借換え専用ローン」

こちらは、文字通り借り換え専用ですので、追加で借り入れるということはできません。借り入れ限度額は1万円~300万円。実質年率は7.7%~18.0%です。申し込み方法は、まずアコムのフリーコールへ連絡し、店頭窓口か、自動契約機で手続きします。もしも、来店できないという場合は、郵送も可能です。インターネットからの手続きはできません。

プロミスの「おまとめローン」

こちらも、複数の借り入れを一つにまとめるためのローンです。追加の借り入れはできません。借り入れ限度額は1万円~500万円。実質年率は4.5%~17.8%です。申し込み方法は、店頭窓口か自動契約機から行ないます。

複数の消費者金融から借り入れていると、一ヶ月の間に何回も返済日がやってきて、自分は一体何のために働いているのだろうか・・・と、むなしくなってしまいます。複数の返済日を管理するのも大変な作業です。できるなら、金利の低いところ、つまり「おまとめローン」で借り入れて、少しでも楽に、自分らしく生活なさってください。
消費者金融審査が甘いとなぜ言われる?実態調査!はこちら

300万を即日融資してもらうのは可能?

300万円を即日融資をしてもらうことは、かなり難しいでしょう。即日融資といえばカードローンが思い当たりますが、カードローンは無担保・無保証であるがゆえに限度額は低めにおさえられています。また、消費者金融では総量規制がかかりますので、年収が最低でも900万円はないといけません。

銀行では総量規制がかかりませんが、それでもやはりいきなり300万円という大金を借りることは難しいでしょう。住宅ローンを同じ銀行で借りていて、すでに信用があるといった場合には可能性があるかもしれません。給与振込口座にしていたり、すでにその銀行で取引をしていて、長年の信用があるという場合には、可能性が上がります。

フリーローンや目的別ローンでは大きな金額が借りられる可能性がありますが、審査には時間がかかる傾向があり、即日融資には対応していないことが多いです。ディーラーローンでは、自動車を担保に入れることで、すぐに契約ができることもあります。

300万円を確実に借りる方法としては、土地などの不動産を担保に入れたり、定期預金を担保に入れたりして、貸す側のリスクをなくすことです。しかし、担保付き融資では、土地の評価額を調べたりするので、時間がかかります。即日融資でないと希望が満たせない場合には、難しいでしょう。

結論として、即日融資にこだわるのなら、カードローンで300万円を借りるということになるでしょう。すでに住宅ローンを借りているなどで、信用を得られている銀行でカードローンの相談をしてみましょう。
参照サイト

パートでも即日融資を受ける方法

最近はパートやアルバイトだけで生計を立てている人も増えてきました。しかしパートやアルバイトだと、正社員に比べると保障がしっかりしていないので、万が一病気やケガで長期間働けなくなると生活が苦しくなります。賃貸生活の人などは家賃が払えなくなることも多く、期限以内に家賃を払わないと出て行かなくてはならないこともあります。周りにお金を貸してくれる人がいない場合は、金融業者が扱うカードローンに申込むといいでしょう。パートやアルバイトでも毎月決まった収入があれば、カードローンを利用することができます。

最近のカードローンは審査スピードが早く、即日融資に対応している金融業者も多いので、急いで家賃を用意しなくてはいけない時はとても助かります。即日融資に対応しているカードローンに申込む時に気をつけることは、消費者金融などの貸金業者では、総量規制がある関係で、年収の3分の1までしか借りることができません。希望借入額を高額にしてしまうと、収入の少ないパートやアルバイトだと審査に通らず即日融資が受けられないことになります。

カードローンの即日キャッシングを受ける場合は、パートやアルバイトでも勤務先への在籍確認も当然おこなわれますが、大きい会社だと代表の電話番号を書いても取り次いでくれないので、自分が働いている職場に直接通じる電話番語を記入することが大事です。パートやアルバイトだと電話を取り次いでくれないこともあるので、前もって職員の人に電話がかかってくることを伝えておくといいでしょう。